KeitoのギリギリサイドFIRE日記

ギリホリでカナダ移住の次はサイドFIRE!ギリギリ滑り込めるのか?!

食費の節約。時間効率を考えるとどうなのか…

今週はずっと食費の節約について情報収集したり考えたりしていました。
 
我が家は基本お菓子やジャンクフードは買わないので、野菜やフルーツ、お肉にお魚などが主なお買い物品目です。
なので買っているもの自体の量を減らして節約するか、購入価格を下げて節約するかの二択になってきます。
 
フードロスに敏感な我が家では残飯が出ることはまずないので、買うものの量を減らすというのは
長い目でみると健康を損なう可能性がある気がします。
一時期的になら、ちょっと体がシュッとする程度でむしろ良かったり?!
 
 
ということで量はそのままに、購入価格を下げて節約するのが我が家的にはベストなのかなという結論に行きつきまして
その方法について考えたことを今日は書きます。
 

f:id:giri-girisidefire:20210516125950j:plain

 
まず方法としては今回3つ挙げようと思うのですが、1番手っ取り早いなと思ったのが1つ目の
ネームバリューにこだわらないという事ですね。
大体どこのスーパーもプライベートブランド(PB)の商品がありますよね。
大手メーカーのものからPBに変えることで、少しだけ価格を抑えることができます。
 
これは既に割と実践している方法なのですが、商品によっては価格を下げた分(味)満足度も下がる場合があるので
とりあえず1度試してみて検討するのが良いかなと思いました。
 
 
そして次にやるべきは、自分のお買い物圏内での底値を知る事ですね。
同じものを買うなら1円でも安く買えた方がお得ですよね。
 
私の自宅からは徒歩圏内に2つのスーパーがあるのですが、どちらもあまり安くないです。
引っ越す前にスーパーが徒歩圏内にあったら車を出さなくて良いし便利だなと思いましたが、安いスーパーじゃなきゃ意味がなかったですね。
しかも週末まとめ買いスタイルだと結局車が必要なので、どうせ車を出すならその分安いスーパーでお買い物した方がお得ですね。
 
そんな訳で現在は10分ほど車を走らせた範囲にある、カナダ系スーパー(コスコ含む)とアジアンスーパーの計5店舗を使ってお買い物しています。
5店舗全てを毎週まわっている訳ではないのですが、品揃えの問題や在庫切れしている事も多々あるので
結局毎週平均3店舗はまわっている気がします。。
 
正直自分が買う食材全ての底値を把握するのは難しいと思っているのですが、世の節約主婦(夫)達にとっては当然の把握なんでしょうか。。
とりあえず自分が使うスーパー5店舗全てのチラシがまとめてみられるアプリをダウンロードしたので、それでしばらく研究してみようと思います♪
 
 
そして底値を知っただけでは意味がないので、底値で購入するというのが最後ですね。
これに関してはつい最近知ったのですが、カナダの一部のお店ではプライスマッチなどと言われる価格保証制度があるらしいです。
 
他店が自店よりも安く同じ商品を販売していた場合、他店の価格に変更して(もしくは下回る価格で)販売しますよ
という制度です。
日本でも電気屋さんなんかだとありますよね。
それがなんとカナダではスーパーでも採用しているお店があるみたいなんです!
 
ルールはありますが、方法は結構簡単みたいで
レジのスタッフにプライスマッチしてほしい旨を伝えて、他店の販売価格を証明できるチラシを持参もしくはアプリでチラシを提示すればOKなようです。
 
アプリでどこが一番安いお店かを調べて、それぞれ底値で買えるお店をめぐるとなると
その分ガソリン代もかかってしまって結局節約になっていない場合もあるので、プライスマッチしてもらえる店舗でお買い物を済ませられたらお得だし楽ちんですね。
 
 
 
…とここまで考えたのですが、節約ってなるべくシンプルにやったほうが続くよなと思ったり。
 
毎週毎週週末に向けてチラシチェックをする時間を取ったり、どのお店を回るか考えたり
初めは楽しいかもしれないけど、段々と面倒になってくる気がします。私の性格上…かな。
 
しかも、その時間や思考もコストと考えたら結局節約になっているのか微妙なところよな…と。
 
ダイエットをしたくてジムに行きたい主婦が1円安い食材を求めて隣町まで自転車を走らせたら
食費として1円の節約になっただけでなくジムの会費の節約にもなっているけど
副業を持っていたり、私みたいにこれから何か始めなくては!と思っている人からすると
1円の節約よりもその移動時間の方が惜しいよな、と。
 
 
なので、一旦底値を研究するための時間は使うけど
絶対に底値のお店でしか買わないというルールは私は持たないかなと思います。
 
底値ではないけど、大量パックのものを買う事で買い物頻度を減らせたら
それは時間の節約になって、その時間がゆくゆく食費の節約を上回るほどの収入を得る道を切り開く糧になる
なんてストーリーに持っていけたらなと思っているからです。
 
とはいえプライスマッチはいつも使っているスーパーもやっていたのでいずれ試してみたいなと思いますが♪
 
 

 

ブログ村に入村してみました。👇ここでたくさんのブログに出会えます。
ブログランキング・にほんブログ村へ